SGML/XML化は、文書交換に適したデータ形式をもっています。他にも、情報処理の自動化、レイアウトの自動化や数多くのメディアへ適応できることも大きな利点と言えます。つまり、One Source Multi Use(ワンソース・マルチユース)です。

「One Source」:階層構造化されたSGML/XMLデータ

「Multi Use」:さまざまな使用目的に応じて使い分ける

つまり、SGML/XMLデータ形式にした文書データを、お客様のご要望に応じてHTML、PDFに…とリアルタイムな自動化処理が可能になります。